金属を主材料とした18リッター以上400リッター以下の円筒形容器を総称してドラム缶 といいます。
  ドラム缶は通常200リッター缶、中小型缶、ペール缶の3種類に大別 されます。18リッター以上200リッター未満の容器を中小型缶と総称しています。また、取っ手(つるあるいは手環)の付いた18リッター、20リッターの容器をペール缶 と呼んでいます。

(注)ペール缶については、「鋼製ペール缶の基礎知識」をご参照下さい。





鋼製タイトヘッドドラム

鋼製オープンヘッドドラム

(注)ドラム缶の規格の詳細は、ホームページ “1.トピック” 内に掲載している「JIS改正内容の概要」をご参照下さい。



ドラム缶には容量別に以下の種類があります。(表1)

<表1 ドラム缶の種類>
  鋼製タイトヘッドドラム
(天板固着式ドラム)
鋼製オープンヘッドドラム
(天板取り外し式ドラム)
  呼び容量 呼び容量
200Lドラム 200L 200L
中小型缶 120L
100L
80L
60L
50L
40L
20L
120L
100L
80L
60L
50L
40L
20L
(注1) 板厚によりL級、LM級、M級、H級という細別もあります。例えば鋼製タイトヘッドドラム200Lの場合L級は1.0mm、LM級胴1.0mm、天地板1.2mm、M級1.2mm、H級1.6mmとなっています。
(ステンレスドラムはH級1.5mm)
(注2) 同じ金属製でも角型の18リッター缶 は「18リットル缶」と呼び、区別されています。
(「18リットル缶」はかつて「石油缶」、「5ガロン缶 」「一斗缶」と称されていました。)
(注3) 200リッタードラムの単位重量:板厚1.2mmで約24kg


Copyright © 2001- . ドラム缶工業会. All Rights Reserved.